姫路日帰り旅行記
 彦根城と同じく「国宝四城」の一つで、世界文化遺産「姫路城」へ行ってきました。今年度から保存修理工事が始まり、春には大天守が覆われる前にということで…。平成22年3月までは今まで通り見学可で、工事期間中は修理の様子を見学することができるそうです。
 姫路城はJR姫路駅(新幹線姫路駅)から徒歩で15分くらいです。駅辺りが外堀だったということで、お城へ向かう途中に中堀の名残の石垣を見ることができました。
 紅葉の時期で美しかったです。夜のライトアップの準備がされていました。姫路食博2009が11/21〜11/23開催です。
c0093196_11175178.jpg

案内をシルバーガイドの方にお願いしました。興味深いお話がたくさん聞けて、より充実した見学ができました。※予約がおすすめです。
料金:2,000円(90分くらい)
電話:079−288−4813(9時〜15時頃)
受付:姫路城切符改札口のそばのカウンター

姫路城が攻められたことはなかったのですが、戦に備えた対策は万全です。
■菱の門
切符改札口からこの門までは急カーブで急坂です。敵の息があがります。炎のような形をした「火灯窓(かとうまど)」で飾られている美しい門ですが、左右に連なる塀の「狭間(さま)」から敵を迎え撃ちます。当時、扉が開けられのは殿が出入りする時くらいで、通常は向かって左の小さな扉が使われていたそうです。
c0093196_11362943.jpg

【挟間(さま)】
塀や建物の内から外へ矢や鉄砲を放つ小窓。○い挟間、□い挟間、△の挟間がありますが、使う武器や敵を狙い撃つ角度によって使い分けます。姫路城に残っている挟間は1000カ所近くを数えます。
c0093196_11593484.jpg

鉄砲を上向きに構え、少し離れた敵を狙う挟間
c0093196_1212977.jpg

真っ直ぐに構える挟間
c0093196_1222447.jpg

下向きに弓矢を引いてしっかり敵に照準を合わせるための挟間
☆続きはまた今度…。
[PR]
by digiso | 2009-11-16 11:44 | 遠出しました
<< 姫路日帰り旅行記[2] 栃の実庵【滋賀のスイーツ】 >>
トップ

☆ちりちゃんの観光ガイド
彦根でグラフィック&ウェブデザインしてる会社が彦根と滋賀の観光ガイドしてます。
by digiso
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
検索
Links
twitter
最新の記事
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 滋賀情報へ