<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
三中井のオリンピア
 夢京橋キャッスルロードにある洋菓子の老舗の人気NO.1 が「オリンピア」というロールケーキ。オリンピックに出場できるくらい美味しいお菓子という想いを込めて名付けられたそうです。シュー皮のようなクレープのような生地に甘さをおさえた生クリームとフルーツを巻き込んだ、あっさりとしたどこか懐かしいホームメイドの美味しさです。[1本¥1,575/1カット¥315]休日は早めにお買い求めを…。
 またチーズケーキもふわふわでいくらでも食べられそうなくらいに美味しいです。それから、クッキーの上にアーモンドを重ねた焼き菓子「彦根城」もお土産や進物にもおすすめです。
 三中井さんのご先祖は五個荘(滋賀県東近江市)の近江商人、中江家。中江家は戦前、朝鮮半島で約20もの店舗を持った三中井百貨店の創業者で、五個荘に残る旧邸を見学することができます。
□〒522-0064彦根市本町1-6-28/TEL.0749-22-5953/9:00〜19:00
/不定休

c0093196_15465385.jpg

[PR]
by digiso | 2008-11-28 16:35 | 彦根のスイーツ | Comments(0)
埋れ木 いと重菓舗
彦根の銘菓と言えば「埋れ木」です。求肥※に砂糖の中でも最高級品とされる徳島製「和三盆」と抹茶をまぶした上品な和菓子です。彦根城第十三代藩主・井伊直弼が若き時、家督を継ぐ立場になかった境遇を埋もれ木に例えて修養に励んだ住まい「埋木舎(うもれぎのや)」にちなんでいます。※こねた白玉粉を蒸し、白砂糖と水飴を加え、火にかけて練り固めた菓子。白く半透明で柔らかい弾力がある。
6個入¥840〜48個入¥6,400
□本店:彦根市本町一丁目3-37
/TEL 0120-21-6003/10:00~17:30/火曜休
□駅前通り店:彦根市佐和町3-15/0749-26-7282/9:30 ~ 18:00/火曜休
□ビバシティ店:彦根市竹ケ鼻町43-2/ 0749-22-7568/ 10:00 ~ 21:00/ビバシティ彦根の休日が休み
☆四番町スクエア四番町ダイニングや彦根駅前のアルプラザ平和堂でも売ってます。
c0093196_16533716.jpg

[PR]
by digiso | 2008-11-28 15:46 | 彦根のスイーツ | Comments(0)
四国銘菓 一六タルト
四国特産の生柚子を使った餡をスポンジで巻き上げています。江戸時代に松山藩主が長崎の海上警備にあたった時、南蛮菓子タルトの製法を持ち帰ったといわれています。当時のタルトはカステラの中にジャムが入ったもので、現在のような餡入りのタルトは松山で独自に考案されたものだということです。
c0093196_16255352.jpg

[PR]
by digiso | 2008-11-26 16:26 | いただきもの | Comments(0)
金沢へ日帰り旅行
■金沢21世紀美術館
金沢市の中心部に位置する『まちに開かれた公園のような美術館』をコンセプトとしたガラス張りの円形の建物です。設計はこれまでヨーロッパやアメリカで美術館など数多くの建築を手がけてきた、妹島和世(せじま・かずよ)と西沢立衛(にしざわ・りゅうえ)。独特な感性の展示&外観、館内とも建物そのものがアートにあふれている、今まで体験したことのない素敵な美術館でした。

展示ゾーンは撮影禁止なので無料ゾーンをパチリ。
c0093196_16184051.jpg

c0093196_16201060.jpg

館内のカフェレストラン「Fusion21」でランチをしました。白一色のオシャレな店内。
c0093196_13215899.jpg

□フュージョンランチ/1,890(税込)
前菜(バイキング形式)+お好みのパスタ+デザート+飲み物
c0093196_16243523.jpg

c0093196_13214798.jpg

■長町武家屋敷跡
かつての藩士が住んでいた屋敷跡であり、土塀の続く町並みの中では今も市民生活が営まれています。石畳の小路を散策して当時の雰囲気を楽しみました。
c0093196_16352991.jpg

□鏑木商舗
屋敷跡にある九谷焼の販売・お食事・カフェ。庭園を眺めながらお茶をし、ゆったりとした時間を過ごしました。
c0093196_16372596.jpg

■兼六園(ライトアップ)
百万石前田家の庭園として造られた特別名勝・兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに日本三名園の一つに挙げられます。冬の風物詩・雪吊りのライトアップにピアノとバイオリンの生演奏…。日帰り旅行の最後にふさわしい素敵な演出でした。
c0093196_1331264.jpg

写真の噴水は霞ヶ池を水源とし、池の水面との高低差による自然の水圧であがる日本で最古の噴水だそうです。霞ヶ池の水位の変化によって高さが変わるのだとか。藩政末期、金沢城内の二ノ丸に水を引くため試作されたものと伝えられています。
[PR]
by digiso | 2008-11-10 16:45 | 遠出しました | Comments(0)
トップ

☆ちりちゃんの観光ガイド
彦根でグラフィック&ウェブデザインしてる会社が彦根と滋賀の観光ガイドしてます。
by digiso
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
検索
Links
twitter
最新の記事
以前の記事
最新のコメント
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 滋賀情報へ